松戸市・柏市を中心に、
千葉県全域、東京都で50年。
40日決算に対応しています。

お問い合わせ・ご相談は無料
047-367-6300 担当:皆川
または、お問い合せフォーム

税のお話(不動産)

利益に対して税金を払うのは分かりますが、何らかの財産をもっているだけで税金がかかるのことに、不思議な気がする人もいるでしょう。

親が亡くなり、残していってしまった土地や家は、意外と、やっかいなものです。自分は要らないのに、税金がかかり、その支払いは、ずーっとついてきます。

ただ放っておくのは、もちろん、問題になりますが、土地や家などの「不動産」の名義を、ちゃんと変更しておかないと、さらに、やっかいなことになります。

お金は捨てられても、不動産は捨てられない

       

お金を捨てても、文句を言う人はいないでしょう。

しかし、不動産を捨てると、文句を言われます。それどころか、捨てられるわけがなく、どこまでもついてきます。仮に、そこに住んでいなくても、そうなのです。

じゃあ、相続放棄をしたらいいじゃないか、と考える人もいるかもしれません。はい、できます。しかし、その時には、注意が必要です。相続の権利のある人すべてが、「相続放棄」をしないと、放棄しなかった人に、税金の支払いが回ってくるからです。(厳密には、相続の事実を知ってから放棄するまでの猶予期間があります)

しっかり、相続登記

土地を手放したい場合には、そのままにしておいても、仕方がありません。

しっかりと手放す、売る、あるいは、管理の少ない状態にした方がいいです。空き家問題で、倒壊や異臭などで、近隣に迷惑をかけて、さらに費用がかさむことになるよりも、しっかりと相続登記を行い、「税金だけ払えばいい」状態にするのも、一手段です。

ただし、注意が必要なのは、家屋がなくなった土地の税金はアップするということです。ですから、売れたらベストです。そして、売れるためには、余計なものがない方がいいのです。もちろん、残っていた家屋が売れるほどの「価値」があれば、話は別です。

いずれにしろ、相続登記の手順は、相続の権利者が増えすぎる前にやった方が楽です。どうぞ、ご検討ください。       

アクセス/松戸市/税理士
千葉県税理士会所属
TKC全国会/関会計事務所/税理士

お問い合せ・ご相談は無料
047-367-6300 担当:皆川
または、お問い合せフォーム